FC2ブログ

ビッグのくま

--/--/--(--) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/23(Mon) 

第6回 2人目の少年

2月21日(土)雁ノ巣でナガセケンコー杯があり結果は散々!

1試合目の初回1アウトをとるのに何故こんなに時間がかかるのか?

前回も初っ端から約30分程の守り、今回もたぶん20分は守ってただろう!

ほんとに頭に来たので帰ろうと思ったが、何とか踏みとどまった。

ストライクが入らないピッチャー・・・たまに飛んできてもエラー・暴投する野手

先の塁をアウトにしようとしない野手、投げても間に合わない所に投げる野手

まるで野球になっていない!

何故、守れないのか? 答えはキャッチボールが出来ない、つまり相手にキチッと

ボールが投げれない。たったそれだけでゲームに負けてしまう。

『顔・胸に投げる意識、コントロールをよくする意識』この2つを確認するように

試合終了後、とにかくキャッチボールのやり直し。

そして翌日の日曜日も、とにかくキャッチボールから再指導

『投げる不安は練習で消せ!』

といいながらキャッチボール終了後、【ボール回し】

始めたのはいいが、永遠と何時間した事だろう? 

途中途中ボロカスに言われ悪い所は試合での重要性とかぶらせる、みんなノーエラー

で終わりなのだが、終わった時にはみんなの笑顔がそこにあり、ハイタッチするものも

いた。このボール回しが5分で終われるようになれば必ず試合に勝てる一番の近道

だと思う。基本基本と言うが『個人的な基本・団体実践での基本』土日で子ども達から

勉強させられました。 来週からリーグ戦が始まります、子ども達の力を信じてがんば

っていこうと思います。


【2人目の少年】

原田BBには、ボールが取れない・投げれない・打てないこの大事な要素がまったく出

来ない今年5年生になる少年がいます。

BBに入って1年位かな?  ようやく少し取れるようになり、ようやく少し投げれるように

なり打つ方は今でもまったくダメですが、ソフトボールが大好きで練習も休まず毎回来

ます、僕から言うと『取れない・投げれない・打てない』のになにが面白いのかなと思い

ます。しかし、いつも楽しそうにしているんです。

この少年から教えられる事もたくさんあります。

今回のナガセケンコー杯で3試合目途中からその少年を出場させました、守りは後ろに

そらさないようにボールを処理し、問題の打つ場面がやってきました、打席に入る前に

きついアドバイス『ボールを避けて打ったらリーグ戦には1試合も使わんぞ!』と・・・

するとその少年の1球目は踏み込んで空振り、2球目は踏み込んで見逃しストライク

そして3球目、踏み込んで振ったバットにキチッと捕らえショートフライ、結果アウトには

なったものの、その少年からは満足の笑顔・・・僕はほんとに嬉しかった、出来る子の

勇気より出来ない子の勇気は相当なものと思います。

次の日のボール回しでも仲間がその少年に投げる時、手加減して投げます。

僕は中途半端が大嫌いなので子ども達に言いました、

『試合でそういう場面がきたら手加減して投げんのか!』

それからはその少年に対してもみんな精一杯投げるようになりました。そのボールを

必死に取る少年・・・心の中でがんばれよ!きっと上手くなるからと呟きました。


次週は『3人目の少年』。






スポンサーサイト

コメント

初めまして

おはようございます。
南区の高木スネークスでブログの担当をしております「はやピーママ」と申します。
監督様のブログを読ませていただいてとても感銘を受けました。ウチのチームの保護者にも読んでもらいたいので、私のブログにリンク貼らせてもらってもよろしいですか?
よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackbabck

このエントリのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

≪ 第7回 3人目の少年 |  HOME  | 第5回 1人目の少年 ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。