FC2ブログ

ビッグのくま

--/--/--(--) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/13(Fri) 

第5回 1人目の少年

先日、東連盟の大会があった。

1試合目は筑紫野市シャークスさん結果は3-6で負け。

このゲーム1人の少年がマウンドに立っていた、小雨の中始まったプレイボール
初めての雨ですべるボールをどうコントロールしていいのかわからないまま
相手打者は2巡目・・・

時間は?

始めの2人は我慢し3人目4人目となってくるとさすがにイライラしはじめる
わざとボロカスに声を掛け、仕舞いにはマウンドで泣きながらの投球、心の中で

”自分で蒔いた種は自分で刈り取れ”と強く思った。

この少年を取り巻く野手は声を掛けるものの人事の用に見えた・・・。

2巡目ついにタイムを要請!

内野手を集め、『どんな場面でも自分達の野球をしなさい、けして仲間を見捨てる事をするな、思いやるんだぞ!』を声を掛けた。

2アウト位になると6点も取られているのに、この1人の少年と周りを取り巻く選手達が

”笑顔で笑っていた。”

これでいい!

その裏に3点を取り返した、価値のある3点だった。

2回表には今年のエース君に交代・・・3人でピシャリ!

2回裏には点は取れなかったもののチームのムードは上昇ぎみ。

2試合目はやるべき事をやって勝った・・・そのマウンドには1試合目の少年がいた!

1人の少年を育てることによってみんなが育つ、みんなが育つことによって1人の少年が育つ

試合は犠牲になったが、この悔しさはきっと大舞台で勝利してくれるだろう!

ほんとに思い出に残る1日が終わった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackbabck

このエントリのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

≪ 第6回 2人目の少年 |  HOME  | 第4回 試合の続き! ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。