ビッグのくま

--/--/--(--) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/13(Sun) 

第38回 最後のゲーム

2月6日(日)6年生の最後の公式戦が終わった!

この日は、リーグの総会で試合には参加できず勝ち残っていることを
祈って結果を待っていました。

結果は2-0で負けのメール、心の中は本当に複雑な気持ちだった。
去年からの一年はメンバーにも恵まれ始まった春季リーグ戦 結果は3位
満足は出来ないが秋のリーグへの宿題を抱えて夏を迎えた。

夏の大会では県大会出場や高橋旗3位・長崎の大会では準優勝!
力は持っているがここ1番で結果が出ない。
すべてはメンタル面である。1人で野球をしてしまう・・・・
時にはふてくされ・涙を流し、仲間に迷惑をかける。

そんな中始まった、秋季リーグ戦
前半は良かったものの、9月12日の4連戦、まさかの3連敗
ここまでかと思っていたが、週を重ねていくうちに各チーム潰し合いで
最終戦までどうなるなわからない!

10月31日(日)最終戦!
結果は2敗1分

この日2勝1分なら多分2位になれたんじゃないかな?

勝負の別れめは一瞬にして決まる。

たった1球・・・”走・攻・守”やり直しの効かない1球が
悲しい結果となる。しかしこの1球が子ども達を大きく成長させる。

この1年言ってきた事は”失敗した後が大事なんだ!”
ミスは誰にでもある!ミスをした後、仲間にどんな声をかけるか?
自分の行動をどのようにするか? 気持ちの切替が非常に大事である。
そこで気持ちの切り替えられない選手をいつもより強くしかり続けた。

心の中ではこんな事すぐに出来るだろう!と思っていたがなかなか
変わってくれない。
選手自身もどうしていいかわからない日々が続いたと思います。

本当に理想のチームってなかなか出来ないものですね!

しかし私にとって忘れられない”最高の試合”がありました。

それは、リーグ3位でもなく・長崎大会準優勝でもなく、ただの練習試合です。

年が明けて残り少なくなった6年生の練習試合をして頂けるチームが少ない中、
香椎東さんが最後の練習試合をして頂きました。結果は負け!

しかしこの試合、違っていました。

選手達一人一人が生き生きと野球を楽しんでいる姿があり
この子達に教え続け、自分が求めていたチームがそこにはあったのです。
教え続けた事が出来た!、やれば出来る事を今年の6年生は私に教えてくれました。

最後の大会では決勝パートに進み、もしかして優勝するかも???
そんな事を夢見ていましたが、夢は叶えられませんでした。

多分、神様が後輩達に夢を託してくれたと思います。
いつになるかはわからないが必ず夢が叶う日がくると思います。
夢は見るものじゃなく叶えるもの!

がんばるぞ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackbabck

このエントリのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

≪ 第39回 Wの卒部式 |  HOME  | 第37回 食中毒 ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。